鍼灸マッサージQ&A

当会の紹介

イメージ

鍼灸(はりきゅう)は、8世紀(奈良時代)に中国から日本に伝わったとされています。

鍼灸は、感覚神経を刺激して痛みを抑えたり、筋肉の緊張をゆるめたり、血行を増加させたりします。また、自律神経の調整や、免疫系・内分泌系(ホルモン)への効果も期待されています。

一般的な日本の鍼は、できるだけ痛みの無いよう鍼管を使ったり、髪の毛ほどの太さの細い針を使用するなど、繊細な日本人の感覚に合ったものになっています。

灸は、ヨモギの葉の裏側にあるうぶ毛のような毛茸を精製したモグサを燃やすことによる熱刺激で、直接皮膚の上で燃やす「直接灸」や、台紙や紙筒、スライスしたしょうがなどの上で燃やす「間接灸」などがあります。

マッサージとひとくくりにしていますが、国家資格になっているのは、あんま、マッサージ、指圧で、学校では3つとも学びます。

あんまは、古代中国で生まれ奈良時代に日本へ伝わったとされています。東洋医学の考え方における気血や経絡の変調を調整する手技療法で、衣服の上から遠心性(体の中心から手足に向かって)に施術するのが特徴です。

マッサージは、ヨーロッパで発祥し明治時代に日本へ輸入されました。オイルやパウダーを用いて、求心性(手足から体の中心に向かって)に皮膚を直接刺激していくのが特徴です。主に血液やリンパ液の流れをよくします。

指圧は、日本で明治時代末から大正時代にかけ成立しました。衣服の上から、指や手掌(手のひら)等を用い、体表の一定部位を押します。生体の変調を矯正し健康の維持増進を図ったり、特定の疾病治療に寄与する施術です。

当会の紹介

イメージその2

鍼灸(はりきゅう)、あんま・マッサージ・指圧などの施術を行なうには国家資格が必要です。国家資格を得るには、厚生労働省の定めた学校で3年以上東洋医学・西洋医学を学んだ上で国家試験に合格することが必要です。

ちまたには、「整体」「タイ式マッサージ」「気功」「推拿」「リフレクソロジー」「カイロプラティック」など様々な看板が目に付きますが、これらは日本国内においては国家資格などの公的資格としては存在しておりません。

これらの公的資格を持たない業者は、基本的な医学知識を持っていなかったり賠償保険に加入していない場合も多く、保健所にも登録されていないため、受療する際には注意が必要です。

当会の会員は、全員が国家資格を有し、保健所に登録され、治療院に右のようなマークを提示しております。安心・安全な治療院の目印としてご記憶下さい。

当会の紹介

イメージその3

鍼灸(はりきゅう)、あんま・マッサージ・指圧に関して、一定の条件を満たし医師の同意があった場合、医療保険(療養費)の支給対象になります。

鍼灸の場合は、「神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頚椎捻挫後遺症(むちうち)などの慢性の痛みを主症とする傷病で、医師による適当な手段の無いもの」が、マッサージの場合は、「病名に関わらず、筋麻痺(まひ)、関節拘縮(こうしゅく)等であって医療上マッサージを必要とするもの」が対象とされています。

いずれも、歩行困難な方の場合は、往療料(出張費)も保険の対象となります。
尚、保険取り扱いを行なっていない治療院もありますので、まずはお近くの鍼灸院、マッサージ院にお問い合わせ下さい。